FC2ブログ

最新の記事


カテゴリー


過去ログ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユアン・マクレガー/トレインスポッティング(DTSスペシャル・エディション)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000013-khk-l04
 東北の農業事情を3日間にわたり視察した「国際農業ジャーナリスト連盟」の世界大会参加者らが最終日の22日、仙台市青葉区の市福祉プラザでシンポジウムを開き、「世界が見た日本の食と農」をテーマに議論した。

 シンポジウムには、欧米、アジアの29カ国で農業にかかわる記者、宮城県内の行政や農協の関係者、研究者ら200人余りが集った。

 記者たちの大半が、日本の稲作の姿を初めて知ったという。第一部の意見交換会では、欧米と比べて格段に小規模な経営や深刻な高齢化、減反、貿易自由化の波と農家の先行きに質問が集中。「水田はなくなってしまうのか」「将来の農業ビジョンはあるのか疑問」といった率直な指摘もあった。
最新マクドナルド情報は・・・マクドナルドランキング


 パネル討論では、フランツ・フィシュラー前欧州連合(EU)農相が、やはり家族経営や兼業が多いEUの実情を説明。「自由貿易を進める中で問題の解決をすべきだ」と価格支持政策をなくす一方で、農業近代化の交付金創設や、中山間地への支援を市民の合意の下で決めた経験を語った。

 米国の穀物雑誌編集者、マルシア・テイラー連盟副会長は「日本の農家の規模の小ささに驚いた」としながら、「野菜や果物、牛肉など、すばらしい農産物がたくさんある。米国の人々も喜んで求めます」と自覚を促した。

 地元農家を代表し、大崎市の佐々木陽悦さん(60)は、地場農産物の直売場の盛況ぶりを紹介。「女性も高齢者もみな知恵を出し合い、消費者との顔の見える関係を育てたい...

ニュースの続きを読む




◆マクドナルド関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆マクドナルド関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。