最新の記事


カテゴリー


過去ログ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のたり松太郎 (13)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000017-mai-spo
 大相撲の時津風部屋で6月に序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=時太山(ときたいざん)=が急死した問題で、時津風親方(57)=元小結・双津竜=が愛知県警の任意の聴取に対し、斉藤さんが死亡する前夜、ビール瓶で斉藤さんの頭部だけでなく「腹や太ももなども殴った」と供述していることが5日、分かった。親方は3日に日本相撲協会などにあてた上申書で、ビール瓶による暴行について「(額を)軽く『コツン』とやるような感じでたたいた」とだけ報告していた。
 調べなどによると、時津風親方は県警の任意の聴取に対しても、上申書でも、6月25日夜に「斉藤さんの額をビール瓶でたたいた」と認めている。
最新相撲協会情報は・・・相撲協会ランキング
しかし上申書では、額をたたいたことにしか触れていないのに対し、上申書提出より前に行われた県警の聴取では「斉藤さんを近くに座らせ、説教していた際に、腹や太ももなどもたたいた」などと説明したという。
 さらに、上申書では「一部の報道では、私が激高して、ビール瓶で額を強く殴ったとのことだが、事実と異なる。軽く『コツン』とやるような感じでたたいたところ、斉藤さんがよけようとして瓶の底が額に当たり、額が切れた」などと説明しているが、県警から聴取を受けた段階ではこうした「手加減」を主張していなかったという。
 県警は、親方が協会に提出した上申書の内容と県警の聴取内容に大きな食い違いがあることを重視しており、斉藤さんの遺体の組織検査の結果、親方らの立件に向けての判断をする方針だ...

ニュースの続きを読む




◆相撲協会関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆相撲協会関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。