最新の記事


カテゴリー


過去ログ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ播磨灘 (18)
 時津風部屋の力士死亡問題で揺れる相撲界で、新たな暴行事件が発覚した。警視庁荒川署が武蔵川部屋に所属する山分親方(35=元小結・和歌乃山、本名・西崎洋)を傷害容疑で9月26日に書類送検していたことが4日、分かった。山分親方は6月18日に当時弟子だった男性(30)に約2週間のケガを負わせた疑い。日本相撲協会は、5日の緊急理事会で時津風親方に処分を下すが、別の部屋でも新たな暴行が発覚したことで、事態はいよいよ泥沼化の様相を呈してきた。 都内の武蔵川部屋で会見した山分親方は、ひたすら謝罪の言葉を並べた。和歌乃山として小結まで務めた現役時代から正義感は強かった。
最新相撲協会情報は・・・相撲協会ランキング
行きすぎた行為を反省し「ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。手を出したことは悪かったと思います」と頭を下げた。 山分親方によると、暴行したのは6月18日。元力士が、ゴミを捨てなかったことを理由に弟弟子をビールケースの上にそんきょさせ、ごまをするすりこぎで殴って出血させたためだった。「自分がやったことがどれだけひどいことか、おまえもやってみろ」と同じようにそんきょさせ、弟弟子の体重が元力士より重かったために、15キロのダンベルを持たせたという。 さらに「ちゃんこ番」だった元力士が稽古に熱心ではないため、ぶつかり稽古を命令。しばらくは従ったものの、途中で「できません」と拒否したため、柄をテープで巻いた約1メートルの竹ぼうきで腕を叩いて全治2週間のケガを負わせたという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆相撲協会関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆相撲協会関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。